スタンフォード式最高の睡眠法を5分で紹介!【林修の今でしょ!】【金スマ】放送内容まとめ

2017年7月25日火曜日19:00から放送予定の

『林修の今でしょ!講座』

では

最新研究で判明「睡眠負債」を徹底解明SP!

が放送されました。

アメリカの超名門スタンフォード大学の「睡眠生体リズム研究所」所長が、

今大注目されている「睡眠負債」についてレクチャーしてくれました!

睡眠負債にまつわる驚きの事実が次々と明らかになります。

また、睡眠と美容の関係や昼寝など、睡眠に関する疑問も解決!

普段私たちが考えている睡眠の常識が覆りました。

睡眠不足の人が多いこの時代にピッタリの話題なので、

簡単な説明と共に紹介させていただきます。

2017年9月15日金曜日20:57~放送の

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』

でも取り上げられました。

スポンサードリンク

林修の今でしょ!『スタンフォード式最高の睡眠法』出演者一覧

MC

  • 林修

進行

  • 宇佐美佑果(テレビ朝日アナウンサー)

講師

  • 西野精治(スタンフォード大学 睡眠生体リズム研究所 所長)

学友

  • 薬丸裕英
  • 武井咲
  • 劇団ひとり

林修の今でしょ『スタンフォード式最高の睡眠法』を5分で解説!

皆さんの平均睡眠時間はどのくらいですか?

仕事をしている方は、5~6時間でしょうか。

人が生きていくために必要な睡眠時間は約7~9時間とされています。

ほとんどの人が仕事や学校で慢性的に睡眠不足を抱えていると思います。

そこで蓄積されるのが『睡眠負債』です。

睡眠負債とは?

睡眠負債とは睡眠不足が解消されず、どんどん蓄積される状態です。

この状態が続くと、様々な病気のリスクが上昇すると言われています。

  • 風邪
  • がん
  • 認知症
  • 糖尿病

5時間以下の睡眠は糖尿病になりやすいだけでなく、

太りやすい体質になるそうですよ!

睡眠は借金の繰り返しで、

寝溜めはできていないというのを聞いたことがあります。

休日にたくさん寝ても、

それは貯金しているわけではなくて、

そもそも蓄積されていた睡眠不足を補っているだけで、

翌日頑張れる訳ではないということです。

ようするに、私たちは常に睡眠負債を抱えている状態ですね。

寝れるときにたくさん寝れば睡眠負債が解消されるわけではないので、

しっかりとした睡眠法を知ることが重要なんですね。

スポンサードリンク




黄金の90分

夜10時~深夜2時の時間帯を肌にいい『シンデレラタイム』と言われていますが、

実際には関係ないようです。

正確には眠りについてから最初の90分間を『黄金の90分』として、

睡眠で最も大事な時間と言われています。

成長ホルモンが一番分泌されるのは最初の90分です。

『スタンフォード式最高の睡眠法』でも力説されています。

睡眠開始から最初の90分間のノンレム睡眠の時間帯を、

しっかり眠ることが最高の睡眠に繋がるとしています。

どうしても忙しくて睡眠時間を削らなくてはいけない時に、

睡眠時間の前半を削って作業をするのではなく、

眠い時に寝て、睡眠時間の後半を削り、

朝早く起きてから作業をすることを奨めています。

これは受験勉強などでもよく言われていますね!

眠気を感じたら寝るのが脳の活性化に繋がるようですよ!

効果的な昼寝

寝不足に効果的なのが『昼寝』です。

30分程度の昼寝が最も効果的で、

それ以上の睡眠は逆効果になるそうです。

程よい昼寝は、

作業効率のアップや夜の睡眠に非常に良いそうです。

スポンサードリンク




結果:スタンフォード式最高の睡眠法とは!?まとめ

結果として睡眠の質を高める方法というのが、以下の4つです。

  • 朝起きたら体内時計をリセットするために日光を浴びる。(30秒程度)
  • 朝起きたら冷水で手を洗う。
  • 夕方に散歩程度の適度な運動をする。
  • 就寝の90分前に入浴する。

手や足を冷やすことで眠気を抑える効果があります。

朝の眠気をなくすことで夜の睡眠を深くすることができます。

体温の調節は睡眠に多大な影響を与えます。

就寝1時間半前の入浴で体温を上げることで、

上がった体温を下げようとする身体の機能が働き、

体温が下がると眠気が出てきます。

身体・脳が眠りに入るための準備をしてあげるんですね。

ちなみに寝るときに時計を倒すのも効果的だそうですよ!

夜中に目が覚めても時間を気にしないことが深い睡眠に影響するようです。

やることはとても簡単なことなので、

健康維持のためにも一度試してみる価値がありますね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




こちらの記事もオススメです!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク