目の健康寿命のためにやってはいけないこと特集!サングラスで白内障に?【この差って何ですか】

2017年11月7日火曜日19:00から放送予定の

『この差って何ですか?』

では

『目が悪くなる人とならない人の差』

が放送されました。

目の健康寿命は70歳と言われています。

替えの利かないものですし、

身体の中でもかなり重要な存在です。

普段何気なく行っていることが目の負担になっているかも!?

目のトラブルが起きやすい人の特徴が紹介されていたので

こちらにまとめさせていただきます!

スポンサードリンク

この差って何ですか『目の健康寿命を延ばす方法』出演者一覧

MC

  • 加藤浩次
  • 川田裕美

パネラー

  • 土田晃之
  • 上地雄輔
  • 滝川クリステル
  • 千秋
  • 西村知美
  • 増田惠子

この差って何ですか『目を守るためにやってはいけないこと』放送内容まとめ

目はむき出しの臓器です。

60代の悩み第1位が『目の疲れ』

トップ10には『老眼』や『視力低下』がランクインしています。

そんな目の健康を守るためにやってはいけないことを大特集!

若い人も必見ですよ!

目が疲れたときにやってはいけないこと

× 目を上下に動かす眼球運動

普段動き回っている目をわざわざ激しく動かす意味はありません。

むしろ、網膜剥離の危険性があります。

目が疲れたときは、

眉間をマッサージすると非常に効果的ですよ!

しかしこの時は眉間の骨を押してマッサージしましょう。

疲れたときは気持ちいいですが、

目を直接押してマッサージするのは非常に危険です。

スポンサードリンク

目のためにかけない方が良いサングラスは?

× 濃いサングラス

サングラスで視界が暗くなって瞳孔が開きます。

その開いた瞳孔に紫外線がたくさん入ってしまい、

白内障のリスクが高まります。

紫外線カットのサングラスなら大丈夫と思いガチですが、

上下左右の隙間から反射して紫外線が入ってきます。

緑内障のリスクが高まる行為

× 運動後に大量の水を飲む

目の水分が急に増えると眼圧が高まり視神経を圧迫します。

人によっては500mlの一気飲みでも緑内障を引き起こすことがあるそうです。

もちろん水分補給は大事ですが、

一気にガブガブ飲むのは止めましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




こちらの記事もオススメです!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク