【HEY! HEY! NEO! 2018】出演アーティスト・演奏曲まとめ!HEY!HEY!HEY!のスピンオフに今話題のミュージシャンが集結!

2018年4月9日月曜日22:30から

『HEY! HEY! HEY!』(ヘイヘイヘイ)

のスピンオフとして

『HEY! HEY! NEO!』(ヘイヘイネオ)

が放送されました。

伝説の音楽番組『HEY! HEY! HEY!』が

スピンオフで帰ってきました!

当時の日本は音楽全盛期と言っても過言ではないでしょう!

そんな時代にゴールデンタイムで放送していたこの番組を、

日本中ほとんどの家庭が毎週楽しみに視聴していたはずです。

毎週月曜日が待ち遠しかったですねw

数々のスターを生み出していて、

ダウンタウンとの共演は夢の一つだというアーティストもたくさん出てきました。

衰退してきた日本の音楽業界の再起を図るために、

特別番組として復活した『HEY! HEY! NEO!』は

今回で3回目の放送です!

過去二回の放送は2015年9月と

2016年5月なので、

約2年ぶりの放送となりました!

ここでは気になる出演アーティストの

詳細をまとめたので紹介させていただきます!

スポンサードリンク

【HEY! HEY! NEO!】2018出演者一覧

MC

  • 浜田雅功(ダウンタウン)
  • 松本人志(ダウンタウン)

ゲストアーティスト

  • さだまさし
  • 三浦大知
  • 04 Limited Sazabys
  • 岡崎体育
  • Mrs.GREEN APPLE
  • BiSH
  • 四星球

【HEY! HEY! NEO!】2018年放送内容

過去二回の放送時間が1時間だったのに対して、

今回は90分です!

ダウンタウンもリスペクトしているさだまさしさんが、

念願の初共演を果たしました!

さらに三浦大知さんは20年ぶりの共演です!

新旧アーティスト集結なので、

今の若い世代に話題のアーティストも続々登場します。

その中でも「四星球」はとびきり気持ちが強く、

演奏曲は「HEY!HEY!HEY!に出たかった」という曲名w

夢のようなダウンタウンとの共演に喜び爆発ですね!

個人的にですが、

ヘイヘイヘイは昔よく見ていたので、

久しぶりに見ると懐かしさで涙出そうですw

HEY!HEY!HEY!を

ヘイヘイヘイって文字に起こすとゲシュタルト崩壊しそう;;

【HEY! HEY! NEO!】2018出演アーティスト、演奏曲まとめ

岡崎体育「FRIENDS」

京都出身のシンガーソングライター。

ジャンルはテクノポップやインディーロックなどで、

ネタ曲が多く一部のファンから熱烈な支持を得ています。

電気グルーブの石野卓球さんを意識したという「岡崎体育」さん。

いまだにスーパーの品出しでバイトをしているという事実が、

岡崎体育さんらしさが出ていますねw

非常に面白い人なのでダウンタウンとの絡みも上手くこなしそうです。

スポンサードリンク

さだまさし「風に立つライオン」

デビュー45年の大ベテランですね。

バラエティでも存在感のあるトークを披露しているので、

日本でさだまさしさんを知らない人はいないでしょう。

若い頃から喋りがかなり面白い人です。

ダウンタウンの二人もさだまさしさんが好きで、

松本さんが好きな「道化師のソネット」

浜田さんが好きな「案山子」を即興で演奏しました。

以外にも3ショットでのトークは初らしいです。

ヘイヘイヘイ出たことなかったんですね。

四星球「HEY! HEY! HEY!に出たかった」

ボーカルの北島康雄さん、
ギターのまさやんさん、
ベースのU太さん、
ドラムのモリスさん。

この四人からなる「泣けるコミックバンド」です。

基本的にブリーフ一丁にハッピ姿で演奏します。

まさやんさんは段ボーラーとしても有名で、

「ダンボールで作れないものはない」とし、

ライブで使用する小道具などを作成しています。

今回の出演理由は何と言っても演奏曲の、

「HEY!HEY!HEY!に出たかった」でしょう。

こんな楽曲を作ってしまうほど「HEY!HEY!HEY!」に憧れていて、

2012年に終了してしまったこの番組に

まさか出れるとは夢にも思わなかったでしょうねw

「HEY!HEY!NEO!2018」ではエンディングアクトを任されました。

スポンサードリンク

BiSH「GiANT KiLLERS」、「BiSH-星が瞬く夜に-」

2015年デビューのアイドルグループで、

楽器を持たないパンクバンドです。

グループ名の「BiSH」は、

「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略ですw

メンバーは6人。

  • アイナ・ジ・エンド
  • セントチヒロ・チッチ
  • モモコグミカンパニー
  • ハシヤスメ・アツコ
  • リンリン
  • アユニ・D

減りはしたものの、

炎上商法のような過激なプロモーションも話題になりました。

パンクバンドなので観客は熱くなるのですが、

ライブではダイブ、リフト、サーフが禁止されてしまい、

「PUNKじゃない」との声も出てきています。

04 Limited Sazabys「monolith」

知る人ぞ知る日本のメロコアバンドです。

印象的なハイトーンボイスが有名ですね。

メンバーは4人。

  • GEN(ベース・ボーカル)
  • HIROKAZ(ギター)
  • RYU-TA(ギター・コーラス)
  • KOUHEI(ドラム・コーラス)

メジャーデビューから2年目の2017年には、

日本武道館でのライブも成功させています。

聞きやすいメロディラインで、

今最も勢いに乗ったロックバンドです。

スポンサードリンク

三浦大知「DIVE!」

世界レベルのダンステクニックと歌唱力を持った三浦大知さん。

激しいダンスを踊りながら高いレベルで歌えることで有名です。

Folder時代に出演しているので、

ダウンタウンとは20年ぶりの再会となりました。

ポンキッキーズのレギュラーとして出演していたことも有名です。

Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」

今の若い世代から絶大な人気を誇るバンドです。

メンバーは5人で、

  • 大森元貴(ボーカル・ギター)
  • 若井滉斗(ギター)
  • 山中綾華(ドラムス)
  • 藤澤涼架(キーボード)
  • 髙野清宗(ベース)

優しい曲調で非常にキャッチーなサウンドが特徴です。

こういうバンドは海外では結構いますが、

日本では珍しいかもしれませんね。

「WanteD! WanteD!」を聞いた印象は、

日本のティーンが好むようにアレンジした

Fall Out Boyという感じですかね?w

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。