鼻で吸うチョコレートがアメリカで大ブーム!?『Coco Loko』とは?人気の理由と危険性を紹介!

引用:herb.co

皆さんチョコレートは好きですか?

今回紹介するのは本物のチョコレートですが、

鼻から吸って吸収するチョコレートです。

ベルギーのチョコレート職人が開発した、

「Chocolate Shooter」という器具を使用して粉末状のカカオを吸引します。

その姿はまるでコカ×ンを使用しているようにも見えます。

現在はアメリカの若者の間で流行ってしまい、健康被害がないか調査されています。

スポンサードリンク

ドミニク・ペルソーネとは?(Dominique Persone)

鼻から吸うチョコレートを開発した、

ベルギー出身でタトゥーの入ったチョコレート菓子職人です。

Godivaなど、ベルギーはチョコレートの聖地ですね。

『チョコレートライン』というブランドを手掛ける

奇才ショコラティエとしても有名で、

過去にも個性的なチョコレートを発表しています。

本当に食べられるチョコレートを使用した

リップスティックやボディクリームは日本でも話題になりました。

「GINZA Sweets Collection 2013」でも取り上げられました。

『Chocolate Shooter』チョコレート吸引機

粉末状のカカオを鼻から吸引するために

ドミニクによって作られました。

本人による解説がYoutubeにあがっていました。

引用:Youtube.com

「僕は悪い子じゃないよ?」

とか言っていますねw

チョコレートを鼻で吸っているときの見た目は完全に悪い子ですよw

動画ではこれらをブレンドしたしたものを使用しています。

  • カカオ
  • ベーコン
  • 玉ねぎ
  • ショウガ
  • 牡蠣
  • いくつかの草(合法)

普通に粉末のチョコレートを吸うだけではとても粉っぽくて苦しいそうですが、

研究を重ねて作り上げたこのブレンドでは、

「まるでチョコクラゲが鼻を泳いでいるようだ」

という感じになったそうですw

まるでラズベリーやミントのような滑らかな味わいなんだとか。

開発中に唐辛子入りを試したそうですが、

「最悪だった」と語っていますw

もともと2007年のローリングストーンパーティーで

使用したのが開発のきっかけになっていて、

2014年までに25,000台も売り上げたようです。

スポンサードリンク




なぜ鼻から吸うのか?

引用:hot935fm.com

画像は『Coco loko』というチョコレートの製品です。

鼻の粘膜にはたくさんの血管があり、

成分の吸収がかなり早いです。

血液中に成分が早く回るので、脳まで行くのも早いんですね。

カカオに含まれるカカオポリフェノールには

血流を増やす作用があり、脳を活性化させます。

他にもカカオには、

血圧を下げる効果があったり、ストレスの緩和

糖尿病、動脈硬化を防ぐとも言われています。

美肌効果もあるとされていますね。

万能のようですが、

血管収縮興奮作用で片頭痛が引き起こされるなど、

過剰摂取によるデメリットもあります。

アメリカで『ココ・ロコ』が発売し、社会問題に

引用:rollingstone.com

スポンサードリンク





ヨーロッパでは

「合法で健康に良く、少しだけハイになれる」

ということで、2007年ごろから注目されていたのですが、

『ココ・ロコ Coco Loko』という商品がアメリカで販売されて、

最近また注目されるようになりました。

『Snortable Chocolate』として愛され始めています。

エナジードリンク大好きなアメリカ人が開発した『ココ・ロコ』には

エナジードリンクにも含まれている

タウリンやガラナ、イチョウの葉などがブレンドされていて、

ハイになること間違いなしですw

合法的に気分を高揚させることができるので、

若者たちの間でちょっとしたブームになっています。

そこで問題になっているのが、健康被害。

そもそも、エナジードリンクですら死者が出ています。

エナジードリンクの摂取が原因で病院に搬送される例は2万件以上も報告されていて、

カフェインの過剰摂取など、

小さな子供にはかなり危険だとニュースにもなっていますよね。

それと同じ成分の粉を即効性のある鼻から吸うんですから、

危険なのは一目瞭然ですね。

鼻から吸うチョコレートが世界的ブームとなって、

「被害者が増える前に危険性を調査するべきである。」

と報道されています。

まとめ

チョコレートの聖地ベルギーで誕生した『鼻で吸うチョコレート』が、

アメリカの若者で流行りだしてしまい社会問題になっています。

実際にハイな気分になるにも関わらず、

原料はただのカカオなので日本にも上陸するかもしれませんね。

日本では特に『鼻から吸う』という行為自体にかなり抵抗があるので、

流行らないとは思いますが、

これをきっかけに…なんてことも考えると少し怖いですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




こちらの記事もオススメです!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク